マツコの知らない世界

本田大助の経歴と北海道物産展バイヤーになった理由?ザンギやいくらの通販は?

毎回あらゆるジャンルのスペシャリストがマツコを相手に独自の世界観を爆発させて、お茶の間を楽しませてくれる「マツコの知らない世界」

10月9日(火)のゲストは、北海道物産展の専属バイヤー「本田大助」さんです。

百貨店の人気№1イベントといえば、なんといっても北海道物産展!

北海道物産展が開催されれば、いつでもどこでも大盛況です。

それを裏で支えているバイヤーのひとりが今回のゲスト。

マツコの舌を唸らせるのは必至!

さて、「グルメハンター」の異名をとる本田大助さんはいったいどのような人物なのでしょうか。

経歴は?どうして北海道物産展のバイヤーになったの?

おすすめのグルメは通販で買える?

などなどを紹介していきますよ!

Sponsored Link

本田大助の経歴などプロフィール

親しみを感じるこの笑顔は営業向き!

そしてこの体格は、おいしい北海道のグルメを求めて歩き続けた証でしょうか。

そんな本田大助さんのプロフィールとこれまでの経歴を調べてみましたよ(^_^)

プロフィール

名前 本田 大助(ほんだ だいすけ)
生年月日 1969年○月○日(月日不明)
出身地 兵庫県神戸市
学歴 関西学院大学 法学部 卒業
勤務先 大丸松坂屋百貨店

経歴

お父さまが料理旅館の息子さんのようで、調理師免許をもっていたということなので、おそらく本田さんは子どもの頃からお父さまのおいしい料理を食べて育ったのでしょうね。

おいしいもの・本物がわかる舌になったのは、お父さまのおかげかも(^_^)

本田さんは関西学院大学法学部を卒業後、1992年に株式会社 大丸に入社します。

もともと、自慢の?「本物の舌」を買われ、地下食品売り場の販売担当を渡り歩いていた本田さん。

2005年に転機が訪れます。

北海道専任バイヤーとして札幌へ転勤!!

新婚ホヤホヤ1年目の時だったそうです。

本田大助が北海道物産展専属バイヤーになった理由

会社の命を受けて札幌に転勤になった本田さん。

縁もゆかりもない北海道という土地に、最初は雪かきにも戸惑ったとのこと。

新婚の奥さまもさぞかし不安だったでしょうね。

会社側としては、百貨店の人気№1イベントである北海道物産展をさらに充実させたかったのでしょう。

それを本田さんの優れた味覚に託した形となったわけです。

ここから本田さんの快進撃が始まります。

もともとおいしいもの好きの本田さん、休日も奥さまを連れて北の大地をドライブしながらおいしいものを求めてひた走る生活が始まりました。

そのおかげで現地の人脈も広がり、北海道各地の商品を発掘するだけでなく、地元の方々と一緒になってB級グルメ開発まで行うようになり・・・

本田さん監修のもと、なんと!ご当地バーガーが誕生!

その名も「雪みつタルタルジャンボホタテバーガー」

タルタルソースには別海町特製の雪みつを使用し、北海道産小麦を使用した白いバンズに別海産のLサイズホタテ貝柱のフライを2枚サンドしたもの。

味のポイントとなる特製雪みつは、ホエーに砂糖・レモン果汁を入れて煮詰めて作る新感覚シロップです。

地元の食材がふんだんに使用されていて、まさに地域おこし!

バイヤーなのに地域おこしまでしちゃうって、おいしいものを追求する本田さんだから成しえた技なわけで、会社が求めた以上の仕事をしちゃってるってすごい!!

北海道物産展の専属バイヤーは本田さんにとって天職ですね。

Sponsored Link

本田大助おすすめの北海道グルメは通販で買える?

「マツコの知らない世界」公式サイトの次回予告では

豪華弁当&目でも楽しい高級海産物から、日本一食べに行くのが困難なラーメン、さらに、ほくほくのコロッケ、シメのスイーツまで北海道物産展のお得な歩き方をマツコに指南!

と紹介されています。

そして、予告動画で紹介されているのは

  • 石狩のとうもろこし
  • 小樽のザンギ
  • 函館のいくら

というわけで、本田さんがマツコに紹介するグルメを大予想!!

 

まずは「日本一食べに行くのが困難なラーメン」から。

「味楽」は、最果ての地にあって、かつ営業時間が短く、食べることが困難と言われながらも、有名ドライビングガイドブックにも掲載されるほどの人気ラーメン店です。

「だし昆布の王様」といわれる利尻昆布を、さらに3年間成熟させたものをふんだんに使用しているそうですよ!

通販では本場の味を堪能することはできないかな?と探したところ・・・ありました!

 

次は、北海道のご当地グルメ「ザンギ」


ザンギとは・・・鶏のから揚げです!

北海道では鶏のから揚げのことを一般的に「ザンギ」と呼んでいます。

そして「なると屋」さんのザンギは、「ヒルナンデス」「ぴったんこカンカン」「がっちりマンデー!!」などでも紹介されるほどおいしくて有名なのです。

こちらのザンギはキタドットコムストアヤフー店楽天市場でもお買い求めできますよ!

 

海産物も豊富な北海道ですが、今が旬のいくらは佐藤水産のものかな?


北海道で一番売れている、薄皮極上卵使用の最高級いくら醤油漬けです。

北海道産の天然鮭のいくらを使い、鮮度や醤油にもこだわっています。

一粒一粒が輝いているおいしそうないくらですね(^_^)

こちらのいくらは佐藤水産オンラインショップ佐藤水産楽天市場店でお買い求めできますよ!

新物 手まり筋子醤油 280g

 

楽天で購入

 

 

おっと!!

番組で紹介されたのは、「山丁 長谷川商店」さんのいくらでした。

物産展は山積みを目で楽しむもの、ということで番組内でも「いくらタワー」が登場しました!

 

予告動画で紹介されていた石狩のとうもろこしは・・・「しろみつとうきび」「恵味ゴールド」か・・・。

 

番組内で紹介されたとうもろこしは、「しろみつとうきび」でしたね!

1本350円とお高めではありますが、生でも食べられる激甘コーンなのだとか。

皮を剥いた瞬間に出てくる白い蜜が甘さの秘密だそうです。

マツコは「茹でたほうがいい!」と言っていましたが、ぜひ生でも食べてみたいですね(^_^)

 

ほかにも、ほくほくのコロッケは「じゃがいもHOUSE」のものかな~とか、豪華弁当やシメのスイーツはどこのもの?と、おいしい想像は広がる広がる!(笑)

予想が当たるかどうかは放送をお楽しみに!

いやぁ~、ほんっとーーーに北海道グルメは魅力たっぷりですね(*´▽`*)

きっとマツコもご満悦♪

まとめ

大丸松坂屋の北海道物産展専属バイヤーの本田大助さんについて調べてみました。

本田さんはバイヤーとしてはすっかり有名人のようで、最近では物産展の会場に等身大のパネルが登場するらしいです。

たくさんのお客さまに来場してもらい、そして喜んでお買い物をする姿を見たら、きっと本田さんのおいしいもの探しはますます気合いが入るでしょうね。

お客さまは購買意欲アップ!

大丸松坂屋は売上アップ!

本田さんは評価も体重もアップ!?

WIN WIN WIN!!!ですね(*^^*)

あなたが北海道物産展で購入したおいしいグルメたちは、もしかしたら本田さんが直接現地で仕入れたものかもしれませんよ(´艸`*)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link