話題

福地啓介の生年月日や身長は?小学校と神木隆之介に似てるかわいい画像も

オセロ界に新星現る!!

というニュースが入ってきましたね!

第42回世界オセロ選手権がチェコの首都プラハで開かれ、神奈川県の小学5年生福地啓介くんが初出場で初優勝しました!

啓介くんは現在11歳です。

これまでの最年少記録15歳を36年ぶりに大きく塗り替えました!

11歳で世界選手権制覇ってものすごい記録ですよね!

ニュースに映る啓介くんは、まだまだあどけない顔をしたかわいい少年です。

世界選手権を制覇した少年とはいったいどんな人物なのでしょうか。

なぜオセロを始めたの?

ご両親はどんな人?

などなど、気になる疑問に迫っていきたいと思います!

Sponsored Link

福地啓介の経歴などプロフィール

笑顔のかわいい男の子ですね(^_^)

では、プロフィールからみていきましょう!

プロフィール

名前 福地 啓介(ふくち けいすけ)
年齢 11歳(2018年10月時点)
出身地 神奈川県横浜市
小学校 神奈川県横浜市立希望ケ丘小学校
家族 父・母・兄弟は不明

生年月日は公表されていませんが、現在5年生で、世界オセロ選手権優勝史上最年少記録が11歳128日ということをヒントに大会の日から逆算すると・・・

生年月日は、2007年6月7日前後??

そして、身長はどれくらいなのかな~と調べてみましたが、こちらも公表されていませんでした。

今はどの写真を見ても大人と一緒に写っているせいか小さいイメージですが、小学5年生で育ちざかりですからね。

次に出場するオセロ大会でメディアの前に登場した時には、ぐーーーん!と成長していて驚くかもしれませんね(^_^)

そして、天才オセロ少年が通っている小学校は横浜市立の小学校のようです。

ふだんはお友達と一緒にオセロをして遊ぶこともあるのでしょうか。

だけど、お友達は世界チャンピオンにはかなわないでしょうから、啓介くんは教えたりしているのかな~、と勝手に想像します(*^^*)

経歴

啓介くんのこれまでの成績はこちら。

  • オセロ小学生グランプリ2014 優勝
  • 第38期オセロ名人戦小学生の部 優勝
  • 第39期オセロ名人戦小学生の部 優勝
  • オセロ小学生グランプリ2018決勝戦 優勝

オセロ小学生グランプリ2018決勝戦が8月5日にバンダイ本社で開催され、そこで優勝したことによって、今回プラハでの第42回世界オセロ選手権に出場したそうです。

さて、啓介くんがオセロを始めたきっかけですが、お母さんの陽子さんに勧められたから、とのこと。

2013年の夏のできごと、ということは、啓介くんがまだ幼稚園の頃です。

最初はきっとお母さんがルールを教えながら2人の時間を楽しんでいたのでしょうね。

その後は本やパソコンのオセロソフトなど独学メキメキ上達していったそうです。

きっと自分がどんどん強くなっていくのが楽しくて仕方なかったのではないでしょうか。

現在は日本オセロ連盟認定6段という地位にまでのぼりつめました。

そんながんばり屋さんの啓介くんを育てたご両親はいったいどんな人なのか?

気になるところではありますが、一般の方なので詳しい情報を見つけることはできませんでした。

唯一見つけたのが4年前の地域情報誌「タウンニュース」

こちらで啓介くんとご両親の写真を確認することができました(^_^)

福地啓介の評判とかわいい画像

ツイッターでは、啓介くんの今回の快挙でめちゃめちゃ盛り上がっています!

啓介くんの評判とともに、かわいい画像もたくさん集まっていますよ!


神木隆之介くんと似てる? 似てる!

戦略を立てている顔?


メガネをかけるとキリっと引き締まりますね!

 “オセロ界の藤井聡太” 福地啓介6段 11歳128日初出場で優勝

まだあどけない少年の頭脳はどうなっているのか!?

ほんと、頭の中はどうなっているのでしょう・・・

ニュースを伝えるアナウンサーも思わず『眼鏡を外したときの王子さま感がスゴい!』と絶賛

同感です!(笑)

オセロ世界1となった福地啓介君ですが、まだ11歳とは凄いですね!!将棋の藤井聡太君もビックリ(@_@)だったんではないでしょうか^^何かのイベント藤井君とオセロ勝負を企画してもらいたいですね

この勝負、ぜひ見てみたい!

 

イケメンくんで頭の回転もハンパない啓介くんの将来が楽しみですね!

Sponsored Link

史上最年少オセロ少年の奇跡!

さて、11歳128日で世界オセロ選手権優勝を果たした啓介くん。

ギネス最年少記録を一気に4年も縮めてしまい、これはものすごい快挙です!

これまでの最年少記録は?というと、これまた日本人の谷田邦彦さん

1982年に15歳でオセロ世界選手権優勝を飾り、当時の最年少記録を樹立しました。

それから36年、現在谷田さんはANAの機長として活躍しています。

そして、今回最年少記録を樹立した2人に奇跡が起き、話題を呼んでいます。

プラハから帰路につく啓介くんが乗った飛行機の機長が偶然にも谷田さんだったのです!

これってすごいめぐり合わせじゃないですか!?

離陸直前、谷田さんは自身の経歴と合わせて世界チャンピオンになった啓介くんを機内アナウンスで紹介しました。

すると乗客からは拍手がわき起こり、あたたかい雰囲気に包まれたといいます。

とってもステキな奇跡ですね(*^^*)

まとめ

史上最年少でオセロの世界王者となった福地啓介くんについてまとめてみました。

今回の世界選手権優勝で、一気に脚光を浴びて、帰国後はしばらくオセロができないくらい忙しくなるかもしれませんね(^^;)

まだまだ11歳。

これからの活躍が楽しみです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link