人物のこと

安藤仁子は朝ドラ【まんぷく】のモデルで実話?気になる生涯も!

2018年10月からNHKで放送がスタートする連続テレビ小説「まんぷく」

インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生を描いたドラマです。

今回は、「まんぷく」のモデルであり、インスタントラーメンを開発した安藤百福さんの妻として夫を支え続けた安藤仁子さんについて調べてみましたよ!

Sponsored Link

【まんぷく】モデル安藤仁子は実在の人物?

今回の朝ドラのヒロインは、映画「万引き家族」で高い評価を得た女優「安藤サクラ」さんが演じます。

今、ノリに乗っている女優だけに、ヒロインに抜擢され注目を集めています。

その安藤サクラさんが演じるのが「今井(立花)福子」


インスタントラーメンの開発者であり、日清食品の創業者である「安藤百福」さんの妻「安藤仁子」さんがモデルです。

今井福子の設定は以下のとおり。

本作のヒロイン。大阪出身。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けておおらかに育つ。生来の楽天家で食べることが大好き。父を早くに亡くしたため、貴金属店で働いて女学校に出してくれた長女・咲の代わりに家計を支えようと、女学校卒業後にホテルの電話交換手として働き始める。そんな中、あるできごとをきっかけに未来の夫、萬平と出会う。

やがて二人は結婚するが、枠にとらわれない発想で事業を進める萬平に、福子は振り回されっぱなし。しかし、初めは耐えるだけの福子だったが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく。

<引用元:連続テレビ小説「まんぷく」公式サイト>

実在のモデル・仁子さんは福島県二本松出身。

二本松神社の神主を務める家系で、名高い家柄だったようです。

しかし、父親を早くに亡くし、その後母親とともに福島を離れ大阪で暮らすことになりました。

このように、実際の仁子さんとドラマの福子に多少のズレはあるようですが、夫を支え続けたという部分は共通です。

仁子さんの人生を知ったうえでドラマをみると、また違う楽しさを味わえるかも!?

さてさて、仁子さんはどんな人生を歩んできたのでしょう。

安藤仁子の波乱万丈人生

大阪に移り住み、高等女学校を卒業したのち、大阪倶楽部という有識者が集まる会員制の社交場で受付の仕事に就きました。

そこで倶楽部の会員だった百福さんに出会い、終戦の年(1945年)に27歳で結婚

終戦後、百福さんは製塩事業を始めましたが、利益は度外視で街にあふれる若者に対する社会貢献的側面が大きかったようです。

仁子さんは一緒に暮らす若者たちの世話で忙しい日々でしたが、若者たちにとって頼れる存在だったとか。

そんななか、1947年に男の子を出産

のちの日清食品ホールディングスの社長・宏基氏です。

子どもも誕生し、忙しくも幸せな生活を送っていたさなか、1948年12月、百福さんは脱税容疑で逮捕されてしまいます。

製塩会社の給料の申告漏れでした。

その結果、百福さんは財産没収と4年の懲役を科せられ、東京の巣鴨拘置所へと送られてしまいます。

時期を同じくして、長女明美さんを出産

幼い子どもを2人連れて、1か月に1度東京へ面会に出かけたそうです。

今と違って当時は新幹線などなく、長時間電車に揺られなくてはいけません。

そんな過酷な旅を毎月行っていたなんて、すごい忍耐と根性ですね!

その後、4年の懲役を言い渡された百福さんでしたが、2年で出所することとなります。

出所後、信用組合の理事長を務めた百福さんでしたが、経営破綻し再び財産をなくします。

二度に渡って全財産をなくす・・・妻としては、この夫と結婚したことを後悔して心が折れると思うのですが・・・。

次に百福さんが始めたのが、長年アイディアとしてあたためていたインスタントラーメンの研究開発です。

「お湯があれば家庭ですぐ食べられるラーメン」を作りたい!

と、密かな野望を持っていたのでしょうか。

だけど、無一文で始めた研究です。

普通なら生活に不安を感じ、夫婦喧嘩の日々になってしまいそうですが・・・

インスタントラーメンにかける夫の情熱と、いずれ開発した商品が全国に名をとどろかせることを信じて、家事育児をこなしながら自らも手伝い夫を支えました。

こうして、1958年8月25日に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が発売されました。

インスタントラーメンの開発により世界の食文化を変えた百福さんですが、その陰には夫を信じ続けた仁子さんがいたんですね。

夫とともに幾度もどん底を経験し、まさに波乱万丈の人生

波乱万丈でありながら、明るく前向きに生きた仁子さんの人生は93歳で幕を閉じます。

Sponsored Link

安藤仁子は安藤百福の3人目の妻?

安藤仁子さんの夫はチキンラーメンやカップヌードルの生みの親として知られる日清食品の創業者・安藤百福さん。

実は台湾生まれで、仁子さん以外に2人の台湾女性と結婚し子どもももうけているんです。

1人目の奥さまとの間にはひとり。

2人目の奥さまとの間には3人のお子さんがいらっしゃるようです。

ここで「えっ?バツ2??」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

いえいえ、どうやら当時の台湾では「夫妾婚姻」という一夫多妻制が認められていたようなんですね。

ところが、日本に渡った百福さんは大阪倶楽部で仁子さんと運命的に出会ってしまいます。

そして仁子さんと結婚した時に、仁子さんを本妻として迎えたのだとか。

この時代、台湾ではまだ複数の女性と結婚して子孫を残すという考え方が残っていたということでしょうね。

いやはや、結婚する前から波乱万丈の人生はスタートしていたんですね。

まとめ

「まんぷく」のモデル・安藤仁子さんについてまとめてみました。

百福さんと共にした人生は波乱万丈でしたが、きっと彼女はそれさえも楽しむ大きな器の持ち主だったのかもしれません。

朝ドラ「まんぷく」では、その仁子さんの人生がどのように描かれているのでしょうか。

安藤サクラさんの演じる福子が楽しみですね(^_^)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link